リトル台湾 in 仙台 とは

東日本大震災で大きな支援をしてくれた台湾に恩返しを!
という想いで、2017年に、仙台在住の台湾人女性と日本人女性の2人が立ち上げた、東北初の本格的な日台交流イベントです。

昨年、2017年の初開催では2日間で、5万人以上の方にご来場いただきました。

会場の勾当台公園市民広場には、台湾の飲食、文化、観光の内容を紹介するブースを展開し、台湾より取り寄せた赤い提灯を会場全体に飾る事で、台湾の夜市の雰囲気を演出いたしました。
台北駐日経済文化代表処 謝 長廷 代表、台湾観光局・台湾観光協会事務所 鄭 憶萍 所長、郡 和子 仙台市長によるセレモニーも行い、台日友好と台湾への感謝の気持ちを仙台から発信することができました。
在日台湾人を始め、台湾から来られた出店者もあり、当初のイメージに有りました通り、台湾語が飛び交う会場となり、会場を訪れたお客様やスタッフからも、台湾人の多さと、台湾人ならではの活気溢れる会場の様子を仙台で体感できる事に驚きの声が多く聞こえました。

これからも、仙台・東北在住の台湾人が「伝えたい」と願う本物さながらの台湾文化を、観光・産業・芸能・食などの体験を通して発信してまいります。